ニーチェの永劫回帰の思想で、人生は何度も繰り返されるから取るに足らないほど軽いのか、それともたった一度きりしかないからとても重く重要なのか。軽さと重さどちらが肯定的でどちらが否定的なのかというとこから始まる。
存在は絶対的に美しく善であり、世の中は下品な糞など存在しないかのように振る舞う(見て見ぬふりをする)。こんな美的な理想のことをキッチュ(kitsch独:まがいもの、俗悪なもの)と言い、キッチュとキッチュでないもののは隣り合っていて紙一重だ。そこを人間は運命に翻弄されるように行ったり来たりするだけで、傍から見ると滑稽に見える。この人生の滑稽さが存在の耐えられない軽さの「軽さ」なのだ。
y a n o a k i k oからリブログ

今野 締め切り前に完成したと思えることはあまりないですね。いつもやりたいところが残っちゃうんですよ。というのも、締め切りに間に合うように作っていても、時間に余裕ができたら新しいことをはじめてしまうんです。複雑な構造にしてみるとか、イメージを足してみたり、あるいは引いてみたり。必ずしも作品としての質を上げるというわけじゃないんですけどね。結果的にいつもひいひい言いながら締め切りを迎えています。完成させることよりも、時間内で何ができるかのほうが大きいのかなあ。
 

荒井 では、内的な衝動としての終わりって、めったにないんですね。

 
今野 そうですね。でもそれは「次の作品ではこういうことをやってみよう」って、前後の繋がりがあるからなんだと思います。だからずっと作っているのかなって思います。

小さな絵本のようにからリブログ
vgjunk:

Twin Peaks, from the latest Licensed NES Games That Don’t Exist article.

vgjunk:

Twin Peaks, from the latest Licensed NES Games That Don’t Exist article.

y a n o a k i k oからリブログ
y a n o a k i k oからリブログ

ygm2:

image

image

image

image

y a n o a k i k oからリブログ
zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

y a n o a k i k oからリブログ
y a n o a k i k oからリブログ
justsomegoats:

"Yes this is where I shall nap"

justsomegoats:

"Yes this is where I shall nap"

y a n o a k i k oからリブログ